夜明けの明星

「日は昇り日は沈む」 これは旧約聖書第1章1~8節のコヘルトの言葉にある一文です。

 アーネスト・ネミングウエイの「日はまた昇る」やミュージカル屋根の上のバイオリン弾きの「サンライズサンセット」の由来はここにあると言われています。

 同じく伝道者3章にはこんな名文があります。

1 天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。

2 生まるるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、

3 殺すに時があり、いやすに時があり、愛するに時があり憎むに時 がある。すべてのわざには時がある。

4.泣くに時があり、笑うに時があり、 悲しむに時があり、踊るに時があり、

5.石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、・・・・・ 

私はここに、ユダヤ教、あるいはキリスト教という一神教の正典のものとは思えない、東洋的な無常観、そして仏教的な縁起の思想を感じます。 

現代の世界の混迷も千年先の未来から見たときに、日は昇りまた日は沈む無常の縁起の一通過 点にすぎないに違いありません。 

私自身は、世界に起きるすべて事象を、喜びも苦しみも悲しみもすべて包摂した上で、それぞれを良し悪しとは離れた視点で、ひとつの出来事ととらえています。 

夜明け前の最も暗い中に、夜明けの明星、すなわちビーナス(金星)を見ることが出来ます。 毎日、毎日、ビーナスが夜明け前の空に輝きます。 

いにしえの航海や洋上飛行では夜間、天空の星を信じて到着地を目指しました。 

まだまだ志ある者が結束すれば、世界は眩いばかりの輝きを放つエデンの園に向かう道は開けます。 

恐れるものはひとつひとつの困難そのものにあるのではなく、目的地に向かう希望を捨ててしまう虚無的な心ではないかと思います。そうした心のすきに乗じて混乱が入り込んでくるのではないでしょうか。

最後に私の好きな、ギヰ・シャルル・クロスの「譫言」(上田敏訳)の一文を引用します。

” むしろ我は大風の中を闊歩して轟き騒ぐ胸を励まし鶫鳴く葡萄園へ導きたい

沖の潮風に胸開くとも葡萄の酒に酔はうとも ”

さあ、明日からまた希望の航海に乗り出そうではありませんか!

(写真はリスボンの拙宅より東の空に仰ぎ見る明けの明星です)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP