menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年 本年もよろしくお願い申し上げます 
  2. 自動車事故で知ったポルトガルの人と社会
  3. 兼高かおる世界の旅
  4. 「晴子の世界一周空の旅」
  5. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 
  6. 人は生きているだけで価値がある
  7. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー
  8. 道具と生き、道具と旅する(4)
  9. 素晴らしき哉 ?日本モデル!
  10. 外食もカフェも、しばらくはおあずけ!
閉じる

横井嗣旺事務所公式ホームページ HIDEO YOKOI OFFICE Official Website

「晴子の世界一周空の旅」

「晴子の世界一周空の旅」の著者鰐淵晴子さんは当時天才少女ヴァイオリニストとして話題になり、さらに女優としてもご活躍された方です。

 著名なヴァイオリニストの父鰐淵賢舟氏とハプスブルク家の末裔のおひとりでもあるオーストリア人の母ベルタさんの間にお生まれになりました。

 鰐淵晴子さんがご家族と共に、世界一周の旅をされた時の旅行記です。昭和35年9月25日発行の初版本です。 

鰐淵さんは、この本でこう語っています。

「幼い頃からの私の夢が、とうとう実現したのです。世界一周!!六十六日間で、十三ヵ国を飛びまわろうというのです。このしあわせすぎるお話をはじめて聞いた時、私はただ夢のようですぐには信じられない思いでした。しかし夢は、ほんとうになりました。

 世界一周!!空の旅

・・・・・・・」

14、5歳の少女にとって、夢膨らむ思いがこの一文から伝わってきます。

大阪の毎日放送テレビがテレビ番組を企画し、松下電器の松下幸之助氏とKLMオランダ航空の協力でこの旅が実現したそうです。

 あとがきで、当時14、5歳だった鰐淵晴子さんは「夢のような幸運」と記されています。

  私が小学生の頃、昭和40年年代に銀座の交詢社で開かれた子供向けのクリスマスパーティーで鰐淵晴子さんのお姿を拝見したことがあります。当時NHKの人気番組「ジェスチャー」を舞台の上で披露するという企画で、テレビと変わらぬその美貌に子供ながらに惚れ惚れしたのを思せています。

 この頃の鰐淵さんはテレビドラマ「風と樹と空と」に主演女優として出演されていました。石坂洋次郎原作の同名の小説をドラマ化したもので、福島県出身のお手伝いさん沢田多喜子役を鰐淵さんが演じたもので、毎週家族で見ていました。主題歌「素敵な明日」(作詞:山上路夫、作曲:牧野由多可)は今でも耳に焼きついています。

 風と樹々、そして澄んだ空に囲まれているだけで生きていることが楽しくなるという歌詞とメロディは、青春の息吹を感じさせてくれる大好きな曲です。

 レジャーやグルメを楽しむわけでもなく、何かを買って喜ぶわけでもなく、自然の息吹に囲まれて生きているだけが楽しいという歌詞の中に込めれているのは、未来への希望のように思います。

 人は現状がどんなに辛くても、未来に希望がつなぐことができれば乗り越えることができるのではないでしょうか。

 このドラマの時代に比べると今の社会は娯楽も消費も格段に進歩しましたが、未来への希望は乏しくなったように思います。

 そんな時代だからこそ、ひとりひとりが未来への希望の灯を点し続けることが大切な時代のように感じます。

関連記事

  1. 人生と旅と乗り物

  2. ヨーロッパドライブ旅行

  3. 日本で世界でどう生きるか (11)

  4. 我が理想のカブリオレ 320CE(W124)

  5. 日本で世界でどう生きるか(20)

  6. 素晴らしき哉 ?日本モデル!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る