menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年 本年もよろしくお願い申し上げます 
  2. 自動車事故で知ったポルトガルの人と社会
  3. 兼高かおる世界の旅
  4. 「晴子の世界一周空の旅」
  5. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 
  6. 人は生きているだけで価値がある
  7. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー
  8. 道具と生き、道具と旅する(4)
  9. 素晴らしき哉 ?日本モデル!
  10. 外食もカフェも、しばらくはおあずけ!
閉じる

横井嗣旺事務所公式ホームページ HIDEO YOKOI OFFICE Official Website

楽園への航跡 (1)刹那瞬と一念三千

 もう10年以上前だろうか、ある内科医が私にこんなことを話してくれた。悩んでいる人は、今の状況がずっと続くと考えがちだが、世の中というのは目まぐるしい速度で変化していることを気づけば少しは気が楽になるのではないかと。植物の成長を見ても、朝方の短い時間に花びらが開花し、またいつの間にかそれが閉じられている。海に沈む太陽を見ると、地球の自転が凄まじい速さであることを体感する。今という時は、次々と変貌を遂げながら未来がやってくる。

 仏教の教えの中の一念三千という言葉の神秘性と深さに想いを寄せることがある。現代の量子論からも、時は10のマイナス44乗の間隔をもって移り変わる。その刹那瞬の中に、未来も現在も過去も、すなわち宇宙の全存在が包摂されているというのが一念三千である。現代量子論という視点からも、時間はどちらかの方向に流れるのではなく、離散的な存在のようである。しかもアインシュタイン以降、時間と空間は同じように扱えるようになった。要は自分の未来は自分で選択しうるのである。過去がこうだったから、未来もこうなるはずという運命論的な思考は悩みを深くするばかりである。遺伝子情報ですら、後天的に変えられることが判明している。

 私自身、過去を悔やみ、未来を憂うことがないわけではない。しかし、還暦を過ぎた頃から、今という刹那瞬を生き抜くことが最善の選択であるという確信には至ったような気がしている。

写真は北大西洋に沈む夕陽。ユーラシア大陸の西の果て、リスボン近郊のカスカイスの海岸にて。

関連記事

  1. 楽園への航跡(2) 嗚呼、「成功」、「自己啓発」!

  2. 楽園への航跡 (2)嗚呼、「成功」、「自己啓発」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る