menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. リスボンで幸福について考えたこと
  2. 日本人に生まれたことへの感謝と覚悟
  3. 光の街リスボンへの航空路
  4. 2021年 本年もよろしくお願い申し上げます 
  5. 自動車事故で知ったポルトガルの人と社会
  6. 兼高かおる世界の旅
  7. 「晴子の世界一周空の旅」
  8. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 
  9. 人は生きているだけで価値がある
  10. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー
閉じる

横井嗣旺事務所公式ホームページ HIDEO YOKOI OFFICE Official Website

日本で世界でどう生きるか (19)

 東京五輪ボランティアの募集開始を伝えるニュースに驚いた。何に驚いたかというと、ただアナウンサーが笑顔でボランティア募集の呼びかけを伝えていたことである。要はボランティアには1日交通費相当の1000円のプリペードカードしか支給されないという実質ただ働き問題や、猛暑でのボランティア活動の危険性について触れることがなかった点だ。

東京五輪ボランティアの問題点は今更説明するまでもないが、このようなニュースをストレートに受け止める方々が少なからず存在するだろうと予想すると薄ら寒い思いがする。政府の広報機関に事実上成り下がった感の強い日本のメディアにはもはや多くを期待しないが、情報統制下になりつつある日本で物言わぬ日本人の将来を憂うるばかりである。

 先頃インドネシアのジャカルタで開催されたアジア大会では、ボランティアには交通費と食費を含め30万ルピア(約2300円)の日当が支給された。ジャカルタの最低賃金を大きく上回る破格の待遇とのことである。
日本の1日あたり1000円相当を支給するいうのは、現金や交通機関のICカードではなく、独自のプリペイドカードを作るというから驚きである。「やってる感」の演出以外のなにものでもない。

こんな状況でも、恐らく東京五輪ボランディアはそれなりの数が集まるのではないかと思う。日本人の空気を読み過ぎる国民性は、時給125円でも嬉々として働き、炎天下でもよしず、団扇、打ち水、そして大和魂で猛暑を乗り切るのかもしれない。そして犠牲者が出れば、待ってましたとばかり「自己責任」論が飛び出し、一件落着するのではないか。戦時中の竹槍で敵機を撃ち落とす発想から何ら進歩していないのではないか。

ブラックボランティアだけでなく、いまだに文部科学大臣が教育勅語のメリットに言及するなど、日本政府は急速に戦前への回帰を志向している。五輪にしても、大幅な予算超過にどう対処するのか。アベノミクスの失敗で景気低迷する中、米国から防衛装備品を大量購入しようとしている一方で、生活保護費は切り詰められている。来年の消費増税で、景気はさらに後退するだろう。東京五輪後の不況は想像するだけで恐ろしい。

ところで、沈没船ジョークというのがある。

豪華客船が沈没しそうになり救命ボートが足りないという場面で、船長は各国の乗客をどうやったら海に飛び込ますことができるか。あくまでもジョークであり差別的な意図はないことをお断りしておく。

アメリカ人に対して  「飛び込めば英雄になれますよ。」
イタリア人に対して  「海には美女が泳いでいますよ。」
イギリス人に対して  「紳士は海に飛び込むものです。」
ドイツ人に対して   「規則ですから。」
フランス人に対して  「飛び込むな!」

そして、日本人に対して・・・「みなさん、飛び込んでいらっしゃいます!」

太平洋戦争開戦直後、日本人の多くが戦争の行く末を極めて楽観視していたことを裏付ける記録がいくつも残っている。国民ひとりひとりが、明らかにおかしいことに対して何も言わず迎合したり、自分の信念より周囲との調和を重視して行動する習慣を断たねば、日本丸はさらなる悲劇の航路を辿らざるをえなくなるであろう。

追伸
私の拙文にお付き合いいただいた方におすすめしたいのは、筒井康隆氏の短編「幸福の限界」である。新潮文庫の「おれに関する噂」などに収録されている。賢い先人はすでに今の日本の状況を予言していたかのようである。

関連記事

  1. 日本で世界でどう生きるか(17)

  2. 日本で世界でどう生きるか(2) 運の良さとは何か

  3. 日本で世界でどう生きるか (15)

  4. 日本で世界でどう生きるか (21)

  5. 日本で世界でどう生きるか(12)

  6. 日本で世界でどう生きるか(4)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る