menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. リスボンで幸福について考えたこと
  2. 日本人に生まれたことへの感謝と覚悟
  3. 光の街リスボンへの航空路
  4. 2021年 本年もよろしくお願い申し上げます 
  5. 自動車事故で知ったポルトガルの人と社会
  6. 兼高かおる世界の旅
  7. 「晴子の世界一周空の旅」
  8. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 
  9. 人は生きているだけで価値がある
  10. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー
閉じる

横井嗣旺事務所公式ホームページ HIDEO YOKOI OFFICE Official Website

日本で世界でどう生きるか (18)

 このところの台風や雨で、遠くの街並みが霧に霞んで見える日が少なくなかった。そんな日は、飛行機好きの私としては、羽田や成田の離発着がどうなっているのが気になる。窓の外をみると、羽田空港へのアプローチを断念してゴーアラウンド(着陸復航)する旅客機の姿が見えることがある。

霧というと私にも忘れられない経験がある。20年くらい前に、ホノルル国際空港を小型機の訓練飛行で出発したときのことである。緊急事態の訓練などが続きかなり疲労が募っていた最終日、オアフ島を軽く一周するフライトに出かけることになった。出発前にオアフ島の小高い山並みにかかる霧が気になった。有視界飛行訓練では、雲の上を飛べないからである。

同乗予定の教官に「今日の訓練は無理でしょうかね?」と問いかけてみた。教官は「大丈夫でしょう。予定通りオアフ島を一周しましょう。」とのことだったの、ホノルル国際空港4L滑走路を離陸した。訓練生として機長席に着座した私が離陸滑走から操縦を担当した。教官と私を乗せたパイパー・アーチャーⅡは上昇、右旋回の後、いつものようにワイキキビーチを下に見て、ダイヤモンドヘッドの南を通過、そこから左旋回しながらワイマナロビーチ付近に近づく。高度は2000フィート。やはり教官の予想通り、天候は問題ない、のんびりと島一周のフライトを楽しめると思っていた矢先、右手の海上からすっと霧が立ち込めてきた。そしてみるみる前方の視界を塞ぎ始めた。教官と一瞬顔を見合わせた。 教官が透かさず「I have control」とコール、私が「Your have control」と応答して、操縦を交代した。

 霧の切れ目から地上がわずかに見える。こんな時に下界を確かめようと高度を下げることは禁物である。標高の高い地点にぶつかる可能性があるからだ。前方窓からわずかに見える地上の景色を頼りにしばらく飛ぶと、カネオヘ湾の海軍基地の滑走路が見えた。場合によってはそこに緊急着陸と思ったが、教官はまだ決断せず、わずかな視界を頼りに飛行を続けている。私は正直ここれは駄目かなと不安に思った。しかし不思議なことに、万一遭難して死ぬことの恐怖よりも、遭難したら明日の朝刊にどんな風に記事が掲載されるのだろうかとの考えが頭の中を行き来していたのが、自分でも不思議だった。教官は経路を逆戻りして霧をかわすか、ホノルルのコントローラーにレーダー誘導をリクエストすることを考えていたようだが、私の方は、緊急着陸で頭が一杯だった。オアフ島は太平洋戦争時代の滑走路跡が残っている地域があり、左の窓から丘の上にでこぼこの滑走路跡があるのを見つけることができた。ホノルル国際空港は旅客機と米軍機がひっきりになしに離着陸する世界有数の大空港で、そこで訓練をすることは都会のど真ん中で自動車教習を受けるようなものでやりがいがある。その一方で、空港を離れるとパイナップル畑、ゴルフ場、砂浜など、軽飛行機が不時着するには格好の場所に恵まれているのである。前の日も、エンジン停止を想定して空港周辺で不時着を想定した訓練をしたばかりだった。

さてその後何分が経過しただろうか。恐らくポリネシア文化センター上空付近あたりだと思うが、今まで前方の視界を塞いでいた霧が急速に解消して行った。そして何事もなかったかのようにいつもののんびりとした島一周フライトに戻ったのである。

翌朝、教官がホノルル国際空港まで見送りに来てくれた。昨日のことはお互い暗黙の中で言葉を交わし、再会を約束して笑顔で別れを惜しんだ。私を乗せたボーイング747−200Bは滑走路08Rを離陸、機窓左下にダイヤモンドヘッドが流れ、カウアイ島の上空に向かって機速を増してゆく。成田到着後、当時日本で操縦指導を受けていた日本航空の機長に電話した。彼はちょうどフライトのために成田に向かうハイヤーの中だった。「いやー、ちょっと怖い思いをしましてね、・・・」と切り出したところ、「それはいい経験をしたね。ところで霧はどっちの方向から来た?」と明るく返され拍子抜けした。

その瞬間、まだまだ己の経験と心構えが足りないことを痛感した。何れにしても、天候不良で迷ったら、特にプライベートパイロットは出発を見合わせた方が無難、万一視界不良に陥ったことを考えると計器飛行の資格くらいはとっておいた方がいいことを痛感した次第である。

日本航空の2代目社長松尾静磨氏の「臆病者と言われる勇気をもて」は、フライト以外においても人生の命運を決することがあることを、今改めて肝に命じる次第である。

写真は後年、家内とオアフ島一周フライトをのんびり楽しんだときのもの。

関連記事

  1. 人生と旅と乗り物

  2. 日本で世界でどう生きるか (11)

  3. 日本で世界でどう生きるか(12)

  4. 日本で世界でどう生きるか(10)

  5. 兼高かおる世界の旅

  6. 日本で世界でどう生きるか(6)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る