menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. リスボンで幸福について考えたこと
  2. 日本人に生まれたことへの感謝と覚悟
  3. 光の街リスボンへの航空路
  4. 2021年 本年もよろしくお願い申し上げます 
  5. 自動車事故で知ったポルトガルの人と社会
  6. 兼高かおる世界の旅
  7. 「晴子の世界一周空の旅」
  8. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 
  9. 人は生きているだけで価値がある
  10. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー
閉じる

横井嗣旺事務所公式ホームページ HIDEO YOKOI OFFICE Official Website

我が理想のカブリオレ 320CE(W124)

手前味噌ですが、私が愛用しているメルセデスベンツ320CEカブリオレ(W124)は理想のカブリオレだと思っています。

メルセデスのEクラスがベースなので、4人の大人が楽に乗れます。

スポーツカーのように車高が低くないので、乗り降りが楽な上運転席と助手席からは遠くが見通せます。

この頃のメルセデスの足回りは秀逸で、いい材料をふんだんに使っています。

整備はDTM(ドイツツーリングカーレース)で修行したメカニックにお願いしていますが、この車のサスペンションに匹敵するのは現代のメルセデスではSクラスの上級車のサスペンション、それも電子制御をふんだんに取り入れたもの位とのことです。

足回りがしっかりとしている上に、優れた設計のシートが身体を適度に包んでくれるので、長距離ドライブでも本当に疲れません。

3.2リッター、24バルブのエンジンの吹き上がりも素晴らしく、2トン近い車重にもかかわらず加速のストレスを感じさせません。

幌を開けた状態で社内のヒーターとフロントのシートヒーターを効かせれば、冬場でも幌全開で走ることができます。

何年か前にお正月に東京から熱海までオープンで走ったこともあります。

ヨーロッパで走るのが楽しみです。

 

関連記事

  1. 日本で世界でどう生きるか (18)

  2. 人生と旅と乗り物

  3. ヨーロッパドライブ旅行

  4. 「晴子の世界一周空の旅」

  5. 兼高かおる世界の旅

  6. 日本で世界でどう生きるか (11)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る