menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. リスボンで幸福について考えたこと
  2. 日本人に生まれたことへの感謝と覚悟
  3. 光の街リスボンへの航空路
  4. 2021年 本年もよろしくお願い申し上げます 
  5. 自動車事故で知ったポルトガルの人と社会
  6. 兼高かおる世界の旅
  7. 「晴子の世界一周空の旅」
  8. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 
  9. 人は生きているだけで価値がある
  10. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー
閉じる

横井嗣旺事務所公式ホームページ HIDEO YOKOI OFFICE Official Website

ヨーロッパドライブ旅行

ヨーロッパに住む楽しみのひとつにドライブ旅行があります。日本で欧州車に親しんだ私と家内にとって、本場のヨーロッパで愛車を走らせることは想像するだけでわくわくします。

東京で左ハンドルの古いメルセデスのカブリオレに乗っている私たちにとっての石畳の街路や、郊外の国道を走る喜びは日本でのドライブの比ではありません。

ヨーロッパはまだまだマニュアル車が多いと聞きます。

小さなマニュアルのセカンドカーを買うのもいいかなと思いますが、やはり最近の実用的なワゴンがセカンドカーであったら理想的です。

2匹の柴犬もヨーロッパに連れてゆくからです。

ヨーロッパではフェリーやカートレインをうまく組み合わせることも考えています。

飛行機で2−3時間かかる区間を自動車で移動するには日程的にも体力的にも厳しいこともあるかと思います。

そんな時はフェリーや鉄道で車ごと一気に移動すれば効率的ではないかと思います。

私共はヨーロッパ内のシェンゲン協定に加盟している国で永住権を取得する予定です。

そうするとシェンゲン協定の加盟国のどこにでも居住することができます。

これから先欧州で生活する際に、生活と仕事の拠点をどこにするかは大きなポイントになるかと思います。

私が年取って免許証を手放す時期には、自動運転技術が相当進歩していると思います。

そうなると純粋にドライブを楽しるのも、今が旬かも知れません。

写真は「ヨーロッパドライブ旅行」(玉井勝美著、保育社)の表紙です。1960年代後半のヨーロッパの風景が、これから始まるヨーロッパ生活への期待を膨らませてくれます。

関連記事

  1. 日本で世界でどう生きるか (11)

  2. 我が理想のカブリオレ 320CE(W124)

  3. 素晴らしき哉 ?日本モデル!

  4. 「晴子の世界一周空の旅」

  5. 人生と旅と乗り物

  6. 兼高かおる世界の旅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る