menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年 本年もよろしくお願い申し上げます 
  2. 自動車事故で知ったポルトガルの人と社会
  3. 兼高かおる世界の旅
  4. 「晴子の世界一周空の旅」
  5. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 
  6. 人は生きているだけで価値がある
  7. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー
  8. 道具と生き、道具と旅する(4)
  9. 素晴らしき哉 ?日本モデル!
  10. 外食もカフェも、しばらくはおあずけ!
閉じる

横井嗣旺事務所公式ホームページ HIDEO YOKOI OFFICE Official Website

人生のミッションとは

この写真は1970年に開催された日本万国博覧会、通称大阪万博の公式ガイドブックです。

1964年の東京五輪に続き、高度成長期の節目となる国をあげてのイベントでした。

まだまだ娯楽も少なかった時代、大阪万博の人気の展示館には長い行列ができました。

前年にアポロ11号の宇宙飛行士が持ち帰った月の石を展示したアメリカ館などには長蛇の列ができました。

展示館にはそれぞれテーマが決められていました。

例えば黒川紀章氏がプロデュースと設計をしたタカラビューティリオンは「美しく生きるよろこび」でした。

何とも夢のあるわくわくするようなフレーズですね。

まだまだ日本人が未来に大きな夢を託していた時代です。

こうした展示テーマのように、人や組織にもミッション(MISSION)を掲げることが重要です。

ミッションとは必ずしも達成できなくても構わない、人や組織が目指すべき意味のある方向です。

かつての航海における北極星のようなものと言えます。

次にビジョン(VISION)。これは実現可能で実際に見える目標です。

そしてヴァリュー(VALUE)。これは人や組織が守らなくてはならない価値観のことです。

最後にルール(RULE)とビリーフ(BELIEF)。信念の言い換えてもいいでしょう。

ミッション、ヴィジョン、ヴァリュー、ルールに基づきアクション(ACTION)を起こすことで結果(RESULT)を出します。

今日の多くの教育がルールからスタートするところに人間の不幸があります。

上流にさかのぼって、ミッションを掲げることから人生をスタートしましょう。

関連記事

  1. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー

  2. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 

  3. タバコで夢を追う力が失われる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る