menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. リスボンで幸福について考えたこと
  2. 日本人に生まれたことへの感謝と覚悟
  3. 光の街リスボンへの航空路
  4. 2021年 本年もよろしくお願い申し上げます 
  5. 自動車事故で知ったポルトガルの人と社会
  6. 兼高かおる世界の旅
  7. 「晴子の世界一周空の旅」
  8. ニューロマーケティング入門無料ZOOMセミナー 
  9. 人は生きているだけで価値がある
  10. 自分を超えるための原理と方法 無料ZOOMセミナー
閉じる

横井嗣旺事務所公式ホームページ HIDEO YOKOI OFFICE Official Website

人生と旅と乗り物

幼い頃から乗り物が好きでした。

最も身近な自動車からスタートし、鉄道、飛行機へと興味が移りました。

何と言っても好きなのは飛行機です。

大好きな海外旅行と結びつくからでしょう。

船はあまり縁がないせいか、趣味の範疇ではありません。

もっともこれから地中海クルーズや太平洋クルーズに出かければ、案外熱中するかもしれませんね。

飛行機は実物の飛行機を飛ばすことは眼中になかったので、フライトシミュレーターにのめりこみました。

そうしたら、その縁から小型機を操縦することになりました。

ライセンスはまだですが、本物の飛行機の操縦から受ける情報量はフライトシミュれーターの比ではありません。

本物の飛行機を操縦してから、フライトシミュレーターへの興味は遠のきましたが、最近ハイスペックのデスクトップパソコンを手に入れたので最新ソフトを試してみようかという気になっています。

それから忘れてはいけないのは自動車です。

飛行機ほど熱中はしないものの、日常の足として身近にあるので、街を歩いていてもカーウォッチングは欠かしません。

26年ほど前にメルセデスベンツに乗ってから、車に対するイメージが大きく変わりました。

当時のメルセデスの安心感、理詰めの設計とクオリティの高さに魅了されました。

その後プジョーを経て、再びメルセデスに乗っています。

それも現代のものではなく、「最善か無か」(Das Beste oder nicht)を標榜していた頃のEクラスカブリオレです。

乗用車がベースで実用性が高いうえ、カブリオレの楽しさを存分に楽しめます。

車重は2トン近くあるのに、3.2リッター24バルブのエンジンでストレスは感じません。

来年はヨーロッパに運んで、ドライブを存分に楽しむ予定です。

では。

関連記事

  1. 日本で世界でどう生きるか(20)

  2. 「晴子の世界一周空の旅」

  3. 兼高かおる世界の旅

  4. 素晴らしき哉 ?日本モデル!

  5. 日本で世界でどう生きるか (18)

  6. 我が理想のカブリオレ 320CE(W124)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る